低温調理器がすごい。料理の幅が広がりました。

料理をするのは好きなのですが、ローストビーフを家で作ろうと思うと、肉がパサパサしてしまい中々お店で出てくるようなローストビーフの味になりませんでした。そんな時、テレビでたまたま紹介されていたのが『低温調理器』というものだったのですが、どうやら低温でじっくり仕上げる料理に使うらしく、何でもよいので水を張ったところに調理器をつっこんで、ジップロックなど密閉された袋に入れたお肉などを一緒に入れると低温で調理ができるというものでした。高温で焼いたり煮たりすると、成分が分解されて栄養素が本来より減ってしまうみたいなのですが、低温調理のため、栄養価が高いまま食べられるのがメリットでした。また、ローストビーフやチキンなどもとても柔らかくなるみたいで、その情報を聞いて早速買って使ってみることに。本当にこんなので料理ができるのかなと不安もありましたが、ちゃんと熱が通っており、フライパンや鍋を使って作るローストビーフより柔らかくて肉のうまみがあふれていました。また、これを使うと本来は油を多く使うアヒージョも少しの油の量で作れるみたいなので、今度はそれもやってみたいと思いました。低温調理器を買って料理のレパートリーが増えました。

低温調理器がすごい。料理の幅が広がりました。