お出かけの途中でぐっすり寝てしまう小さな子ども

週末の夕方や夜には、駅や電車の中で小さな子どもを連れたパパママの姿をよく見かけます。
普段の通勤電車の中では、暗い顔をしたサラリーマンや、眠たそうな顔をした学生なんかが多い印象があります。
それに比べて、小さな子どもの声があちこちで聞こえてくる電車の車内というのは、いかにも週末という雰囲気が漂いますよね。
しかし、せっかくの週末のお出かけも、小さな子どものいる親にしてみれば大変なことも多いのかもしれません。
先日もパパに抱かれて、ぐっすり寝ているような男の子を見て、そんなことを思ってしまいました。
子どもがはしゃぐときというのはいつもわりと全力で、体力の配分なんてお構いなしです。
危ないからダメだと行っても走り回るし、お出かけの帰りのことなんてこれっぽっちも頭の中にないのでしょう。
だから帰りには、眠たくなって機嫌が悪くなったり、ぐっすりと気を失うように寝てしまうことが多いんでしょうね。
でも、体重も10kgを超えるようになってくると、ずっと抱っこし続けるパパもとても大変だと思います。脱毛 24箇所

お出かけの途中でぐっすり寝てしまう小さな子ども