NHK 朝のテレビ小説や大河ドラマが妙におかしい設定

NHKの連続テレビ小説のべっぴんさん、終わったみたいですね。終わったみたいですねというのは、個人的には見ていないのだが母が録画しているものを食事中とかにちらっと見るから少しは知っている為です。
しかしながら、ドラマとしてどうなのかなと思うのはヒロインをはじめ女性がやたらみんな年を取った時もやたら若く見えてしまう事です。もうちょっと年相応に見えないとドラマを見ている場合混乱したり感情移入できなくなったりすると思うのですがどうなんでしょう。
もちろん、内容自体はよく見ていないから批判はできませんけど、このぐらいならまあ許されるでしょう。なにしろ母も言っていたけど、少なくとも女優の髪の毛ぐらい白くしないとねと言っていたぐらいですから…
NHKドラマってあまり興味がなくてもまあ見る価値はまあまああると今までは思っていたんですが、大河ドラマもこのところ変な設定でやけに女性を主役にしてくるんです。
なにしろ、この主人公実は男じゃないかってされているぐらいですから…

NHK 朝のテレビ小説や大河ドラマが妙におかしい設定

全員を幸せにしない道場という不平等なシステム

「大体にして師範に、許可は取ったの?よっぽどのことがない限りバイトは禁止だからね。その辺うやむやにすると、きっとあとで色々と面倒なことになるよ」
 無論、掟を破れば道場を追い出されかねない。
「許可だのルールだの言ってる場合じゃないんだよ。そういうのは未成年までだろ。もう俺らは成人だ。長期計画が必要な大人なんだよ。ここを出てったら誰も助けてくれねえんだぞ?お前だって、何の疑いもなしにいつまでも門下生なんてやってる場合かよ」
 私の中で何かが切れた。そのまま畑のど真ん中で無意識にN・Tの胸倉を掴むとN・Tも同じように掴み返してきた。
「二人とも何やってんすか!」
 察しの早い門下生二人は誰に言われるでもなく今やもう見る影もなくなった旧友同士の取っ組み合いの仲裁に入ってきた。M・Tは私を、S・KはN・Tを、それぞれ取り押さえる。
「とりあえず一旦ここまでにして飯にしよう。午後も早めに終わります」
 終始、怪訝な表情で騒動の一部始終を見ていた大が手を叩いた。消費 者 金融 銀行 系

全員を幸せにしない道場という不平等なシステム