エルニーニョイベントなどについて勉強していた

エルニーニョなどについて演習しました。冷たく栄養素に富んです水のわき挙がる南アメリカ大陸のペルー沖は、国有数のカタクチイワシの漁場ですが、平年12月頃に北から流入する暖流によって水温が上昇し、漁獲量が減少します。この現象は2月頃まで続き、その間休漁獲となるため、漁民はクリスマスにちなみエルニーニョ(スペイン語で「鬼才」)とよんである。エルニーニョ出来事とは数年に一度、赤道太平洋東部の海面水温が広い範囲にわたって総計都度上昇する出来事だ。赤道上の太平洋の海水は激しい日射によって、海面水温が30℃以上になるまで温められてある。通常は、こういう海水は赤道を吹く貿易ぶり(東風)によって赤道太平洋の西側に吹き寄せられ片方、赤道太平洋の東側では深海から刺々しい海水がわき上がっている結果、赤道太平洋の暖水クラスは東側で低く西側で太くなっています。しかし、貿易ぶりがなんらかの原因で褪せると、赤道太平洋東部の暖水クラスが太くなって深海からの海水の発行がとまり、エルニーニョ出来事となります。とても勉強になりました。http://www.stanthonyfallsramp.com/

エルニーニョイベントなどについて勉強していた